固定金額と時給のどちらにするかを決め、ご自身の経験やスキルレベルに応じて相場に近い金額を出しましょう。

依頼主の予算が決まっている場合は、予算を考慮しつつ無理の無い範囲で要望に寄り添った金額を提示しましょう。また交通費他の必要経費も含めた金額にし、消費税込みの価格を記載しましょう。

合わせて、チャット内で希望を全て満たした場合の金額を提示し、次に予算重視だと、どの様な内容になるのか等いくつか提案をするのも良いでしょう。
 例:本来全ての希望通りにすると○○円となり、やや予算オーバーになりますが、一部内容を変更すると△△円で可能です。

金額を決められない場合は、参考価格として見積もりを提出し、どのような場合に価格が変化するか伝えましょう。


関連ページ
返信定型文について

回答が見つかりましたか?