リフォームや板金塗装など、現物の確認をしないと金額提示がしづらい業種では、下記の方法があります。

1.【オススメ!】応募メッセージ内で、依頼者に対して下記の項目を伝える
 ①この金額は概算であり、現物の状態によっては変わりうること
 ②概算では、現物が●●であると想定して算出していること (例: 塗装のみで修理でき、パーツ交換が必要ない場合の金額です)

2. 応募時の金額で「追加情報が必要です」という選択肢を選ぶ
 (見積もり金額を入力せずにメッセージ送信が可能となります)

※この機能が使えるのはリフォーム、板金塗装など一部のサービスに限られます

関連ページ
返信定型文について

回答が見つかりましたか?