見積もり応募で最初に送られるメッセージは、依頼者がどの事業者に依頼するかを選ぶ際大変重要な判断材料です。依頼者は届いた見積もり応募のメッセージからその事業者の信頼性、実績、人となりなどを見て成約する事業者を決定しています。

自動集客方式での見積もり応募なら、初めに作成していただくメッセージがオーダーメイドの見積もりとともに依頼者へ送信され、応募にかかる時間や手間のコストはほぼゼロになります。その分自動集客方式の応募メッセージ作成に力を入れることができます。

■{{name}}について

メッセージで「{{name}}」を利用すると、依頼者へ届く見積もり応募のメッセージには自動的に依頼者が登録している名前が挿入されます。「{{name}}」の文字が1文字でも異なっていると、依頼者の登録名が正しく表示されませんので、注意してください。
また、見積もり料金は自動的にメッセージに挿入されます。プレビューを確認しながらメッセージを作成していただくと違和感のないメッセージとなります。
※「{{name}}」は通常のメッセージでは利用できません。見積もり応募の際のみ依頼者の登録名が反映されます。

・入力例

プレビュー例

■成約しやすいメッセージの長さ

ミツモアで最も成約しやすいメッセージは、約500~700字です。文字数がそれ以下、それ以上の応募メッセージと比べて成約率は約1.5~2倍というデータがあり、非常に高いことがわかります。

短すぎや長すぎはなるべく避け、依頼者が読みやすく適切な量のメッセージが良いでしょう。

自動集客方式での見積もり応募には、自動的にオーダーメイドの見積もり金額とその内訳が挿入されます。内訳によって見積もりのボリュームは多少前後しますが、見積もり金額が本文に追加されることを加味すると、実際に書いていただく分量は400字ほどをおすすめします。

■成約しやすいメッセージの特徴

メッセージは文字数を満たしていればいいわけではなく、中身も重要です。実際に依頼者に見ていただいて魅力を感じていただけるようなメッセージであれば、候補として残る確率、成約率は確実に上がるでしょう。

以下に成約しやすいメッセージの内容を紹介しますので、応募メッセージの作成にお役立てください。

  1. 簡単な自己紹介
  2. ご自身の実績(事務所や営業所などでも可)(数字で出せるものだと特に良いです)
  3. 依頼した時のメリットや強み
  4. お持ちの資格、人柄など、その他の特徴
  5. 面談無料、訪問見積もり無料などのオプション

これらを自由に組み合わせたり、その他の強みを書いていただくなどして、持ち味を上手くアピールする応募メッセージを是非作成していただければと思います。

■カスタム応募文

税理士カテゴリでは、依頼の内容に応じて応募文を変えることができる「カスタム応募文」をご利用いただけます。

共通で出すメッセージ (必須)

依頼内容にかかわらず、お客様に送られるメッセージです。

自己紹介、実績などを表す文章を書きましょう。

依頼ごとに出し分けるメッセージ (任意)

依頼内容ごとに出し分けることのできるメッセージです。

たとえば、「業種」の内容ごとの出し分けでは、依頼者が選んだ業種ごとに出すメッセージを変えることが可能です。

(例)IT業界を選んだ人向けのメッセージの場合

「私はIT業界の顧問先を30社以上担当してきました。SlackやChatworkなど、お客様の利用しているツールも利用して業務を進めることができます。また、IT補助金や資金調達のサポートなども経験があります。」

依頼の内容に合わせたメッセージを送ることで成約率が高まります。是非ご活用ください。

関連記事:成約しやすいプロが送る応募メッセージ4つの特徴

回答が見つかりましたか?